« 子供の机のすみに書いてあった落書き | トップページ | 君は君でいたいのに »

自分の存在価値について

自分の存在価値って、何だと思われますか?

自分の存在価値を認めてもらいたいから、一生懸命他人以上に働くとか、他人のために尽くすとか、様々な答えが返ってきます。

相田みつをさんの日めくりカレンダ-に {人(ひと)の為(ため)と書いて「偽り」(いつわり)と読む}という言葉がありましたが、私はまさに同感です。

自分が生きてそこに存在する。ただそれだけで十分だと思うのです。

あとは、自分には欠点はいっぱいあるけれど自分が好きだと胸を張って言える生き方をしていれば、それでいいと思います。

八方美人のかたは、私的には今までの苦い経験から身構えるべき存在の人です。中には本当に良心的なかたもおられますが、かなりの確率で過剰適応症に近いかたが存在しているように思います。

過剰適応のかたの中には、非常に特殊な才能をお持ちで裏からそ知らぬ顔をして標的と決めた人を罠に陥れるようなことを、完全犯罪に近い形でなされる場合もあり得ると思います。数人の友人からいくつかの例を聞きましたが、どれも小説になりそうな話で驚きました。

たとえば、自分が罠にはめられたと悟ったとき、そういう人に、「あなたは自分で自分のことが信じられますか?自分が好きですって胸を張って言えますか?」って質問してみてください。

「どうして、そんなことに答える必要があるのですか!」って、かなりの憤りをもってお答えになられるかもしれません。

話は脱線しますが、若いころ女性問題で浮名を流された中尾あきら氏(タレントさん)がTVで言われてましたが、「あなた、浮気してるでしょ!」と奥さんから言われて「そんなことは、ない。お前は俺のことが信じられないのか!!」と、すごい剣幕で怒りながら答えるご主人は、ほぼ100%近く浮気されているのだそうです。

たしかに実際、浮気なんかしていなければ、怒る必要はありませんね。

私の結論としては、自分を必要以上に大きく見せる必要も、逆に小さく見せる必要もなく、ただ、ありのままの自分の姿で生きていくのが、一番、楽で穏やかな心で人生が過ごせるのだと思います。

      by ク-ミンでした。

|

« 子供の机のすみに書いてあった落書き | トップページ | 君は君でいたいのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事